jcssは、計量法に基づいて、管轄官庁である通商産業大臣が、独立行政法人のNITEに認定を依頼したトレーサビリティ制度のことです。このシステムは、校正をする業者を登録制度にすることを定めています。校正とは、誤りを正すことです。目盛りの確実性を確保し、規格に適合した製品を作り、環境等の規制基準にあわせることを目指します。規制基準の適合確認は、検査・試験。測定の信頼性が重要です。有効活用することによって日本の校正業者が、この制度を使って国際的にトレーサビリティを重視していると評価され、信頼されることがこの制度の存在意義です。そのために校正作業が必要になります。その校正作業を行う業者が国際基準に適合した精度を持っていることを認証するための制度です。

計量法に基づくトレーサビリティと国際標準について

計量法に基づいたトレーサビリティ制度とは、国際計量供給制度と校正事業者登録制度の2つから構成されています。認定センターは、校正事業者登録制度を実施しています。校正業者に計量法による校正を依頼するとまず校正証明書が発行されます。その計測に使った計測器のトレーサビリティ体系図がだされます。そして計測器の成績書が発行されます。国際標準に認定されるプロセスをJCSSという制度を使って確保したのです。このようにして、校正を依頼した計測器の品質が保証されます。国際認定基準に認定されるためには、トレーサビリティ証明書がついていないと海外では通用しません。国際標準までトレースできることに意義があります。ISO国際規格に準拠したものが必要です。ISOは。国際標準化機構の略称です。

国際的規格はどのように活用されるのでしょうか

jcssは、ISOの国際標準規格に準拠しているといいました。では、どんな分野が国際法に認定されている必要があるのでしょうか。実は、非常にたくさんの分野が規格の対象になっています。測量の単位となるものとしては、長さ、質量、時間、温度、光、角度、体積、流量、流速、物質量など多くの基本単位が対象になります。トレーサブルとは、測定器は標準器によって校正され、その標準器もより正確な標準器によって校正されるというルーツをたどれることです。上記のような単位を正確なものにすることがjcssの制度となります。これらの単位をより信頼性をもたせるために活用されている制度です。すべて日常生活には欠かせない単位です。これらのものが守られるためには、計測器の精度の確保が重要です。