jcssについて基礎から解説します

測定や監視を行う計量器は、使用していることで狂いが生じることがあります。日々の使用でそのことに気がつくことは不可能です。そのためどのくらい狂っているかを確認する必要があります。それが校正です。正しいとわかっているものと比較することで狂っている度合いを確認することができます。その狂いの程度が結果に影響を与えるおそれがあれば調整を行って正します。このような校正を定期的に行なって正しさを確認して、それを記録する必要があります。校正を行うには正しい知識と技能が必要です。校正の時に使われる正しいとわかっているものを規定して維持することや適切な校正を行える事業者を特定することを行う制度がjcssです。高い信頼性が求められる時代に必要不可欠な制度です。

正しいとわかっているものを供給する

jcss制度の一つに計量標準供給制度と言うものがあります。この制度は校正に使われる正しいとわかっているものを規定し、それを維持して利用できるようにすることです。この正しいとわかっているものを国家計量標準と呼びます。経済産業大臣は産業界のニーズや計量標準供給体制の整備状況に応じて国家計量標準を指定します。一般の事業者が校正を依頼した場合、その依頼を受けた事業者は、この国家計量標準かそれによって校正された二次的な標準によって校正された標準を使って校正を行います。つまり校正をしたものを順々に辿っていくと国家計量標準にたどり着くことになります。これが計量法トレーサビリティーと呼ばれるものです。これによって普段使用している測定器の適正さを示すことができます。

適切な校正を行える事業者の登録

どれだけ正しいとわかっているものと比較してもその方法が間違っていたり、そもそも知識がなかったのでは校正にはなりません。そのためjscc制度では校正事業者登録制度が含まれています。つまり校正を行う事業者を登録して適切に実施されるようにするしくみです。事業者が登録するためには計量法関係法規への遵守と国際規格であるISO17025への適合性が求められます。ISO17025は試験所及び校正機関の能力に関する一般要求事項を規定した規格で、全世界で共通して使われています。この2つが満たされた業者だけが登録することを許されます。国際規格への適合性が満たされることによって、国内だけでなく海外でも通用する校正結果になります。jcss制度への登録は計量の種類で24区分に分類されています。

活線作業および活線近接作業においては、作業者の身体を守るために絶縁用保護具・防具の装着が義務づけられています。 また、階層的に国家標準にトレーサブルな常用参照標準器の校正は、JEMICのJCSS校正を御利用ください。 当社の主力商品・サービスは、日本全国各地の電気メーターの検定および計測器の校正や、セミナーの実施です。 jcss校正なら日本電気計器検定所